うつ治療には脳内環境を整えるのが大切【効果は少しずつ出てくる】

ハート

薬について

医者

どのような効果か

うつになってしまった際に病院に行くと、抗うつ剤を処方されることが多々あります。では、いったいその薬はどのような効果があるのでしょうか。かつては、副作用が多く、得体のしれない薬というイメージが強いものでしたが、最近のものはそういった面が改善され、メリットのほうがはるかに多い薬となりました。実はこの薬はどうして効果があるのかがはっきりしていません。しかし、モノアミンと呼ばれる神経伝達物質を増やすという効果があることがわかっています。神経伝達物質というものは、神経細胞の間を橋渡しする効果を持ちます。うつ病になってしまっている患者の多くは、このモノアミンの量が少なくなっていることがわかっています。そのため、モノアミンの量を調整することで、つらさを軽減していきます。神経伝達物質として有名なのはセロトニンとノルアドレナリン、ドーパミンの3つです。この3つはそれぞれプラスの感情にかかわってきます。これらが減ってしまうと症状は重くなっていきます。抗うつ剤は、分泌されたモノアミンが吸収されてしまうのを防ぎ、モノアミンの量を増やす2つの効果があります。簡単に言うと、モノアミンを増やしたり減らさないようにしたりする働きを持つ薬が抗うつ剤なのです。抗うつ剤と呼ばれる薬は、うつ病の治療に使われることはもちろんですが、実はほかの病気に使われることもあります。その代表的な例として挙げられるのは、不安の病気です。パニック障害や社交不安障害、強迫性障害にも効果が認められています。これらの病気もセロトニンを増やすことで少しずつ治療していくことが可能です。そのため、これらの病気の治療に抗うつ剤はうってつけの薬になります。実は、この薬は睡眠を促す効果を持つものもあります。そのため、睡眠障害にも使われることがあります。ただ寝付けないだけの症状でなく、悪夢を見てしまうという症状がある場合でも、それに適応した薬があります。通常のうつ病でも、脳の機能に異常をもたらすような内因性のものの治療に多く用いられます。神経伝達物質の量を調整するという効果は、このタイプのものに大きな効果を発揮します。このように、抗うつ剤は神経伝達物質を増やすという効果と睡眠を促すという効果の二つを理由に、様々な病気に用いられます。全く別の病気なのになぜこの薬なのか、と疑問に持った場合はこのような効果が理由で処方されている可能性があるという事を覚えておいてください。様々な種類が存在するという事も特徴の一つです。