うつ治療には脳内環境を整えるのが大切【効果は少しずつ出てくる】

男性

薬について

医者

抗うつ剤は神経伝達物質を増やすという効果が認められています。その効果を生かし、うつ病だけではなく不安の病気や睡眠障害といった病気にもこの薬を用いることがあります。うつの場合は内因的なものによく用いられます。

詳しく見る

薬の相場と手に入れ方

男性

抗うつ剤には様々なタイプのものがありますが、症状をしっかりと治すためには自分に合っているものを使うことが重要なので、しっかりと医師に症状を診てもらった上で処方された薬を入手したほうが良いでしょう。医師に副作用の相談もできます。

詳しく見る

脳の中に変化が起こる病気

女性

副作用の少ない薬もある

うつの時に使用される薬は抗うつ薬が基本となりますが、ほとんどの薬が飲んですぐに効果が出るわけではありません。効果は少しずつ出てくるため、飲んでいる本人も効果に気付きにくいという特徴があります。心の病気だと言われているために、使われる薬剤は心に働きかける薬だと思われがちですが、実際にはこころではなく脳に作用する薬です。確かに精神的な症状が出る病気なので心の病気だと言えますが、正確には心が病気になったというよりも脳の状態が変化している状態だと言えます。症状が起こるメカニズムはまだはっきりとは解明されていませんが、脳の中で作用している神経の伝達物質が関係していると言われています。そのため、神経の伝達物質の状態を改善するような作用のある薬が処方されることが多くなっています。人間の感情や気分は心の状態も関係していますが、脳内環境にも大きく左右されています。そのため脳の中の環境が乱れてくるといつもは簡単にできていたことができなくなるという症状が起こります。体には異常がなくても脳の中で異常が起こっているために気持ちが変化したりして、体が思うように動かせなくなるのです。抗うつ剤はそのような状態になっている脳の中に働きかけて、うつの症状を緩和させます。治療に使われる薬は以前は三環系や四環系と呼ばれるものが主流でした。これらの薬は効果があるのですが副作用が強いという特徴があり、抗うつ剤の服用を始めてから副作用で苦しむ人が大勢いました。効果が強いということは作用が強すぎるということでもあり、薬の服用後は違った症状が出てしまい生活を送れなくなるという人も多かったようです。そのため薬に対して悪いイメージが先行していますが、現在は新しい薬が開発されており、副作用も出にくくなっています。三環系や四環系といった種類の薬の後に開発をされたものがSSRIやSNRI,NaSSAと分類されているものです。これらの薬が登場してからはうつは薬で治る病気だと言われるようになるほどに、うつ病のイメージが変化しました。これらの新しいタイプの薬の特徴は脳内の狙った部分だけに作用を出すということで、不必要な部位にまで薬の作用が働かないために副作用が起きにくくなっています。副作用の中には病気とは関係のない健康な部位にまで薬が作用してしまって起こるものがあります。そういった可能性を少なくした薬が開発されたため、薬で治る病気だと言われるようになりました。しかし全く副作用がないわけではなく、特に服用をし始めた時期は体が薬に慣れていないために副作用が出ることがあります。心配な時には医師に相談をしましょう。

症状を緩和してくれます

病院

心療内科や精神科でうつ病と診断されれば、医師から抗うつ剤を処方してもらえるでしょう。この病気は大きく分けて2つに分類されます。抗うつ剤というこの薬は即効性はないもののだんだんと効いてきますので、精神的に安定するでしょう。

詳しく見る

その辛さは必ず治る

カウンセリング

うつの薬は即効性がないのでしばらく飲み続けてください。そううつを見逃していることもあるので異変があれば医師に相談してください。環境の変化や人間関係のストレスによって発症することが多いので、これらは特に注意しましょう。

詳しく見る